寝付きの良さと寝起きの良さは人一倍と自負しています。
そして規則正しい生活っぷりも人一倍。
毎日2時半に眠って8時に起きる。ここ6年、
休日以外はこの生活をもはや意地で守っています。
そんな私ですが「極限に挑戦」のために、不眠に挑戦したいと思います。



午後7時。
仕事終了、自宅に帰ってくる。明日、明後日は連休だ。寝ないように、リポビタンD、眠眠打破、デイリーホワイトなどのドリンク類に、チョコモナカ、ラーメン、お菓子……
「遠足っぽい!」とかなり浮き足だった気分になっていると、チンコーン。ポロッ! チコチコチンコーン。我ながら寒気のする自作の着信音でメールが届いた。

結婚して3か月たつ実家の友人からのメール。
「毎日ごはん作ってるよ〜★今度実家帰る時はごはん食べに来てね(^^)」

かたや毎日だんなのためにごはんを作る笑顔の奥さん。
かたやコンビニ袋を目の前に「おっ菓子、おっ菓子!大漁!大漁!」とぐるぐる回りながら小躍りしている女。微妙に落ち込んだ。

0時。
暇だ。いつもなら「眠るまであと3時間半、何しよっかなー」などと考えながら楽しんでいるような時間なのに、その計算ができないとすることが思いつかない。
テレビでは「ブラックジャックによろしく」がやってる。新米医師が手術から逃げだし、残された看護婦たちがオロオロするというシーン。
鈴木京香、超熱演。もうひとりの看護婦役も超熱演!
主演の男も熱演。死にかけの患者も「オエッゲボッ」と熱演。
要するに全員熱演。感動していたらドラマに参加したくなってきた。

鈴木京香が医者にかわって自ら執刀しようとするのを止めようと「やめてぇ! やめてくださいカオリさん!」と叫ぶ看護婦に続いて「そうです! やめてください! 私達には医者じゃないっ!」と叫んでみると気分が良かった。

いい調子になってきた。今度は「何もしなければ患者は死んでしまうわ!」と怒鳴る鈴木京香に続いて「斉藤先生を捜すのが先決です!」と叫んでみる。いよいよドラマの一員に。

そしてまだ行くぞ と「お願いです! カオリさん!無茶はやめてィ!」と与えられてもないセリフを噛んだあげく叫んでいる途中でCMになった。
誰よりも無茶をしているのは自分だという現実に引き戻されて
むなしさ倍増中。

3時
のび太ばりに寝付きの良い私。いつもなら熟睡している時間なのに。飲みたくもない「眠眠打破」という眠気覚ましドリンクを一気のみ。眠気覚ましのためとはいえ、まずい。あまりのまずさに口直しに、と食べたくもないアイスをかじってみる。口直しのためとはいえ、寒い。寒くて布団をひっぱってきて、くるまる。暖をとるだけのつもりが一瞬眠ってた。速攻で目覚め「やっべやっべー」と悲鳴をあげながら立ち上がり、ぴょーんぴょーんとはねてみた。眠気覚ましのため、挑戦のため、理由はなんでもいいけど自分の姿がバカバカしすぎて情けなくなる。でもはねると眠気ってとぶんですね。

4時
もうドラマの一員になりたくてもテレビは何もやってない。スカパーとかに入ってりゃ楽しめるんじゃねぇか と思いネットでスカパーを調べてみる。と、検索件数が11万3千件あった。すごい。たくさんある。
ためしに「極限に挑戦」で検索してみると「生命を代価として極限に挑戦」という果てしなく重いタイトルのページや「精密の極限に挑みつづける」という絶対に挑みたくないようなコンテンツがつらつらと出てきた。キャノンは「レンズ性能の極限に挑戦しています」だそうです。世の中の皆さんは世の中に役立つためにたくさんの挑戦をしているようです。
かたや私は「不眠に挑戦」。いよいよマイナス思考に拍車がかかる時間に突入。ほんとは私も世の中の役にたちたいの。

この後も挑戦は昼の3時まで続けたものの、書き留めたメモは落書きまみれ、眠気にさいなまれた様子だけが読みとれました。とりあえず、肌と心に悪いことはわかりました。


ふたりでいつでも悪ふざけ


TOPへ


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス